中・高学年クラス

読み書きは楽しいこと

中・高学年クラスで主な課題として取り組むのは、漫画や物語の要約です。この課題には二つのねらいがあります。一つ目は、話の流れや構図を理解し、要点を的確にとれるようになること。もう一つは作文の基礎を身につけた上で相手が理解しやすい文章を書けるようになることです。
読書指導ではこちらで選書した本を、一週間に一冊読んでいただきます。これは学年ごとに決まった本をお貸しするのではなく、お子さまそれぞれに合った本をお渡しします。文字の大きさや本のボリューム、内容のレベルに加えて、まずはお子さまが興味を持ってくださりそうな本を選びます。まずは好きなジャンルや好きな作者を一緒に探し、読書習慣の定着を図ります。

gahag-0034803512-1.jpg